はじめに

よく見かけるタグ付け。ハッシュタグは使いこなせるようになったけど、タグ付けはどんな時に使えばいいかわからないことありますよね。そこで今回は、タグ付けとはどんなものなのかと、タグ付けのやり方を紹介します。

タグ付けとは

タグ付けとは、簡単に言うと、友人などのアカウントの情報を載せて、その人のアカウントに飛ぶことができるようにすることです。友人との写真などを投稿するときに使うことで、閲覧者がタグ付けされたアカウントをタップすることで、飛ぶことができます。タグ付けは、ハッシュタグの機能と似ていて、拡散力があり、多くのユーザーに届けたい場合などに使うのが効果的です。しかし、ハッシュタグは全く異なるので注意が必要です。

タグ付けの仕方

タグ付けをする場面は、通常の投稿とストーリーの投稿をする時の2場面あります。今回は通常の投稿をするときのタグ付の仕方を紹介します。投稿したい画像を選択して、キャプションを書く画面までいきます。そしたら赤枠内に「タグ付けをする」とあるので、タップします。

そうすると、次のような画面になるので、ここでタグを付けたい場所をタップします。

本来ならこの時に、友人との写真を載せて、その友人をタップしてタグを付けるのが良いと思います。タップをすると、相手のアカウントを検索できるので、検索しましょう。見つけたらそのアカウントをタップしてください。

タップすると、初めにタップしたところにタグ付けがされます。

そしたら右上の完了をタップし、

シェアしましょう。これでタグ付け投稿が完了します。

タグ付けをする時の注意点

タグ付けは、鍵がかかっているアカウントやフォローしていないアカウントなど、誰でもタグ付をすることができます。なので、簡単にできるからといって、全く関係ない人をタグ付けをするのはやめましょう。タグ付けを苦手とする人もいます。それがきっかけでトラブルになったりするので、必要ないときはタグ付けをするのは避けた方が良いと思います。

まとめ

以上が通常の投稿をするときのタグ付け方法でした。とても簡単なのでぜひ、友人との投稿をするときはタグ付け投稿をすることをお勧めします。また、タグ付けと一緒にハッシュタグを上手く使ってたくさんの人に届ける投稿をしましょう。

おすすめの記事