インスタグラムのブロックしたユーザーを見る方法について
Instagramは、Twitterやラインのようにブロック機能があります。 本日はインスタグラムのブロックしたアカウントを見る方法について紹介します。

ブロックとは?

まず、ブロックとは、ブロックしたアカウントに対し、アカウント以外の全てを表示させないようにすることです。 「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されます。
ブロックされると投稿も見ることができなくなり、フォローすることもできなくなります。 またユーザーIDで検索しても表示することができなくなります。 そのため、過去にDMをしていたらそこから辿ったり、フォローしているアカウントからしか見つけることができません。

ブロックしたユーザーを見る方法

ブロックしたアカウントを見る方法を紹介します。ブロックを解除したいときにも活用できると思うので、覚えておきましょう。 ブロックすると、設定の中のプライバシー設定とセキュリティから「ブロックしたアカウント」を見ることができます。
「ブロックしたアカウント」をタップすると、今までにブロックしたアカウントが表示されます。 また、ここから相手のページに飛ぶこともできますので、ブロックを解除したい場合はここからすることも可能です。
ブロックしているアカウントが多いとその分たくさんのアカウントが表示されます。 *ロックするとブロックした相手の投稿は見えなくなります。

ブロックされるとどうなる?

相手にブロックされると、「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されます。また、本来ならしてある投稿もブロックされていると、「投稿がありません。」と表示されてしまいます。
ブロックされても通知は届きません。またブロックを解除されたとしても通知が届くことはないです。

ブロックされるとDMはどうなる?

ブロックされるとDMを送ることができなくなります。ブロックした側がブロックしたアカウントにDMを送っても表示はされますが、メッセージは届きません。ブロックされたアカウントがメッセージを送っても通知もされず表示もされません。 また過去のDMのやり取りは見ることができなくなります。 ブロックしたユーザーはその相手との履歴が消えてしまいます。ブロックされたアカウントは履歴が消えません。

まとめ

以上がブロックしたアカウントを見る方法でした。ブロックするとブロックした相手のなにもかも見ることができなくなってしまいます。 また、ブロックされた方も同じでブロックされてしまうと、ブロックしたユーザーを検索することができなくなります。ブロックは通知が届きませんので、ブロックされた側は気付くことはないでしょう。 「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されたらブロックされているってことを察して気持ちを切り替えましょう。
おすすめの記事