Instagramに新機能が追加されました。
この新機能は、インスタグラムの「DM(ダイレクトメッセージ)」で「ボイスメッセージ」を送ることが可能です。
いままでは、テキストでのやりとりでしたが「ボイスメッセージ」の追加により、音声でのやりとりがダイレクトで可能になりました。
それでは、さっそくインスタグラムの「ボイスメッセージ」の使い方を紹介します。

インスタDMのボイスメッセージとは?

「ボイスメッセージ」とは、Instagramの「DM(ダイレクトメッセージ)」でテキストでなく音声の録音を送信できる機能のことです。テキストメッセージと異なり文字を入力する手間を減らすことができます。
また、ボイスメッセージは特定の相手とのみボイスメッセージを送ることが可能です。
 

ボイスメッセージの方法

まずは、「ボイスメッセージ」を送りたいユーザーとの「ダイレクトメッセージ」のページを開きましょう。
 

開くことができたら、画面下部のテキストを入力する場所にマイクのアイコンがあるので、マイクのアイコンをタップしましょう。
 
 
このマイクのアイコンをタップすると、録音が始まります。
しかし、タップしてすぐ指を離してしまうと、録音ができませんので、1秒以上はタップするようにしましょう。
録音を開始すると、鍵のアイコンが表示されます。(以下参照)

表示に従い、ゴミ箱のアイコンまで左にスワイプすると、その録音はキャンセルされます。
また、録音が始まってからリリースするとボイスメッセージを送信することができます。さらに便利な機能があり、タップしたまま上の方にスライドさせると、鍵のアイコンが赤く表示されます。
この状態になると、ハンズフリー(指を離した状態)でボイスを録音することが可能になります。

鍵マークが赤くなったら、ハンズフリー状態ですので、指を話して大丈夫です。
 
ボイスメッセージ」は、赤枠の再生ボタンをタップすれば、「ボイスメッセージ」を送信した側も受信した側も再生して聞くことができます。
 

 

これが新機能

ボイスメッセージ」を送信できるようになったのは確かにすごいです。
しかし、インスタグラムの新機能にはこんな便利機能が隠されています。
耳にスマホを当てると、再生と録音ができる。
送られてきたボイスメッセージがある場合、耳にスマホを当ててください。
 

上記のように「ボイスメッセージ」が送られてきたときにスマホを耳に当てるとメッセージが再生されます。
さらにメッセージを聞き終わって、もう一度スマホを耳に当てると録音が開始されます。

録音が終わったら、「↑」をタップして送信しましょう。
 

このスマホを耳に当てると「ボイスメッセージ」を録音することができる機能は、相手との「ダイレクトメッセージ」のやりとりページを開いていれば可能です。
なのでとても気軽に簡単に録音することができます。
 

まとめ

以上が、「ボイスメッセージ」の送信のやり方でした。
なかなか「ボイスメッセージ」を送る機会は少ないと思いますが、耳にスマホを当てれば録音することができるので、ぜひ送ってみましょう。テキストで送るより圧倒的に手間がかからないのでおすすめだと思います。
電話感覚で「ボイスメッセージ」のやりとりができるので良いですね。ますます、インスタグラムの「DM(ダイレクトメッセージ」が楽しくなります。
スマホを耳に当てて、ダイレクトに自分のボイスを届けましょう。

おすすめの記事