Instagramが視覚障害者のためにオブジェクト認識技術を使用

Instagramは11月28日に視覚障害者がより快適に使えるようになるためにオブジェクト認識技術を使用しました。
 
Instagramは視覚障害を持つ人たちがInstagramを使いやすくするために2つの改善点を導入しました。
 

1.オブジェクト認識技術の導入

1つ目はオブジェクト認識技術の導入です。自動代替テキストを導入しているので、フィードや検索、プロフィールを見るときにスクリーンリーダーを通して写真の詳細を見ることができます。
 

2.カスタム代替テキストの導入

2つ目ははカスタム代替テキストの導入です。カスタム代替テキストを導入したことにより、写真をアップロードするとき写真の詳細を付け加えることができます。
スクリーンリーダーを使う人はこれらを見ることができます。
 

出典:https://instagram-press.com/blog/2018/11/28/creating-a-more-accessible-instagram/
 
 
これらはInstagramがより快適にするための第一歩です。具体的な改善に関してはInstagramの改善センターで見ることができます。
 

おすすめの記事