はじめに

インスタグラムを見ているとよく見かける#(ハッシュタグ)。
この#を上手に活用すれば、たくさんの人に自分の投稿をみてもらうことが可能になり、
ハッシュタグは、インスタグラムを利用する上で無視できないものとなっています。
特に、「いいね!」がたくさん欲しいユーザーやフォロワーをたくさん獲得したいユーザー
または、企業アカウントはハッシュタグが必要不可欠です。
今回は、ハッシュタグの使い方を説明します。
これを読んで、ハッシュタグがどんなもので、どのような効果をもたらすのか理解しましょう。

#(ハッシュタグ)とは

#(ハッシュタグ)とは、簡単に言うと、検索するためのキーワードや目印です。
インスタグラムでは、ハッシュタグを検索することが可能です。
そのため、投稿でいかにハッシュタグを付けて投稿するかが重要になります。
また、ハッシュタグを付けることで「いいね!」や「フォロワー」の増加につながるので、抑えておきたいポイントになっています。
ハッシュタグ拡大画面
「ハッシュタグ」を使うと、同じハッシュタグを使っている投稿と、繋がったり、ハッシュタグを検索した人が見つけてくれる可能性が高まります。
拡散性がとても低いインスタグラムでは、ハッシュタグがユーザー同士を繋げるきっかけになってくれるというわけです。

#(ハッシュタグ)の使い方

ハッシュタグを使うときは主に、写真や動画を投稿するときに使います。
写真や動画を投稿する時の要領と同じで、キャプション画面(文章を打つ画面)に行ったら、文章とその最後に#(ハッシュタグ)を入力しましょう。
#を入力すると、ハッシュタグの候補が表示されるので、自分が使いたいハッシュタグを選びましょう。
ハッシュタグを入力している画面
入力が終わるとこんな感じになります。
入力完了画面
ここまで、できたら後は写真を投稿した流れと同じです。

注意点

注意点としては、# Gudeful のように、#の後にスペースを空けてしまうとハッシュタグとして、認識されません。なので #Gudeful のようにスペースを空けずに入力してください。
また、ハッシュタグを複数使うときも注意が必要で、#instagram#Gudefulのように、連続でハッシュタグを使ってしまうと、ハッシュタグとして機能しません。
そのため、#instagram #Gudeful のようにハッシュタグを複数使うときは、繋げてはいけないので注意が必要です。
ただ単にハッシュタグを付ければいいかというわけではありません。
自分の投稿に関連するハッシュタグを使うことが求められます。
また、ハッシュタグは一回の投稿で最大30個以上は付けることができません。

まとめ

以上がハッシュタグの使い方でした。ハッシュタグの機能や使い方について理解することはできたでしょうか。
ハッシュタグはインスタグラムをより使いやすくしてくれるものであり、ユーザー同士をつなげてくれる重要なものです。
さらにハッシュタグを使うことで、投稿をすることがハッピーになります。
また、ハッシュタグで何を使えばいいかわからないときはハシュレコを使いましょう。
これはおすすめのハッシュタグを自動で提案してくれるサービスです。
インスタグラムをこれから使う人も、もう使っている人もハッシュタグをマスターして、インスタグラムを楽しみましょう。
こちらも合わせてご覧ください。

おすすめの記事