Instagramの「DM(ダイレクトメッセージ)」を見ていると、「DM(ダイレクトメッセージ)」をしている相手が何時間前にオンラインなど最終ログイン時間が見れますよね。

それと同じで、相手も自分の最終ログイン時間を見ている場合があります。

インスタを使っている時間などあまり知りたくない人に向けたログイン時間を隠す方法を紹介します。

ログイン情報を非表示にする方法

まず、ログイン情報のことを「アクティビティのステータス」といいます。

そして、この「アクティビティのステータス」が表示されるのは、メッセージでやりとりしている相手になります。

それでは早速方法を紹介します。

まずは、マイページにいき、設定画面を開きましょう。

 

設定を開いたら、下にスクロールすると、「プライバシー設定とセキュリティ」があるので、タップしてください。

 

プライバシー設定とセキュリティ」を開くと、「アクティビティのステータス」があるのでタップして開きましょう。

 

アクティビティのステータスをタップすると次のように表示され、青くなっていると相手にステータスが表示されます。

 

ここで、青くなっているところをタップしましょう。

 

タップするとこのように白くなります。

この状態がアクティビティのステータスは表示されない状態です。

これで、ログイン情報の非表示することができました。

最後にメッセージ欄にいき、確認しましょう。


上のようになっていれば、完了です。

まとめ

以上が、ログイン情報を非表示にする方法でした。

正式にはログイン情報ではなく、アクティビティのステータスといいます。

ログイン情報がわかると、相手がオンラインなのかオフラインであるのか、把握することができますが、監視されているような感じもあり、それがインスタ疲れに繋がると思ういます。

 

それを予防する策として、アクティビティのステータスを非表示にしてみては、いかがでしょうか。

ただし、アクティビティのステータスを表示オフにすると相手のログイン情報も表示されなくなるので注意してください。

おすすめの記事