タグ付けってよく聞きますよね。タグ付けがしっかりできるようになればインスタグラムがとても楽しくなるんですよ。
だけど、ハッシュタグにタグ付けにタグってなに。よくわからない。そんな人も多いと思います。
しかし、これを読めばあなたはもう、ハッシュタグもタグ付けも完璧。
タグ付けとハッシュタグの違いもはっきりわかるようになります。
しっかりと理解して、インスタグラムを楽しみましょう。
今回の記事はタグ付けの方法がメインの記事となっています。ハッシュタグの使い方がわからない場合はこちらを参考にしてください。ハッシュタグ機能の使い方

タグ付けとは

ハッシュタグとタグ付けの区別がついていない人が少なからずいるのではないでしょうか。
まず、ハッシュタグとタグ付けは似ているようで別物です。なので、別物であるということを理解してください。
簡単に説明するとハッシュタグとは#○○ のことで「#」がハッシュタグです。
今回取り上げているタグ付けというのは、写真を投稿するときに写真にユーザー名を付ける機能のことです。
このタグ付けを使う場面は、主に友達と一緒に撮った写真を投稿するときなどに利用します。
インスタグラムの特性として、拡散力がとても低いです。
しかしタグ付けを利用することで、タグ付けされたユーザーにタグ付けされた投稿として載るのでタグ付けされたユーザーのフォロワーなどにもその投稿を見るきっかけに繋がります。

タグ付けの方法

タグ付けの方法はとても簡単です。

赤枠の中の「タグ付けをする」をタップしましょう。
すると、ユーザー検索画面が出てきます。
タグ付けして載せたいユーザーを検索して選択しましょう。

検索し選択が完了すると、

このように写真上に、選択したユーザー名が出てきます。
タグ付けは写真上の好きな場所にすることができます。
そのユーザーがわかりやすい場所にタグ付けをするといいでしょう。
タグ付けする場所が決まったら、完了をタップしてシェアしましょう。

タグ付けが完了すると、右側にユーザー名が表示されています。
シェアが完了すると、このようになるのでタグ付けが完了します。

注意点

タグ付けをすると、そのユーザーに基本的には通知が届くので注意しましょう。
また、タグ付けを好まないユーザーもいます。タグ付けをするとタグ付けされたユーザーの「タグ付けされた投稿一覧」に載ります。
そのため、友達との写真を載せるからといって、勝手にタグ付けをするのも良くないので、
一緒に写真を撮影したときなどに、一度ユーザーに確認することが良いと思います。
そのあとで、タグ付けをするのが良いと思います。
関係ないユーザーをタグ付けするのはあまり好ましくありません。
タグ付けされたユーザーもなぜタグ付けされたのかわからないし、その投稿のタグ付けを見ている人たちも理解できないと思います。
なので、なるべくそのようなことはやめましょう。

まとめ

以上が、タグ付けの方法でした。
タグ付けは複数人もすることが可能です。
たくさんの友達との写真を載せるときは、人数分タグ付けをするのも良いと思います。
タグ付けをすることで、そのユーザーのフォロワーもその投稿を見る機会が
増えるので、自分の投稿を拡散したいときなどにおススメです。
また、ユーザーだけでなく、オシャレなカフェや有名な場所など、企業はインスタグラムを利用している場合が多いので、行ってみたり、商品を利用したら、タグ付けをぜひしてみましょう。
タグ付けされることは嬉しいことだと思います。なので、タグ付けをすることで企業がそれを取り上げてくれることもあります。
そうなると色々な繋がりができて、インスタグラムがさらに面白くなると思います。
ぜひタグ付けをして、インスタグラムを楽しみましょう。
 

おすすめの記事