インスタグラムのストーリーでは、誰が自分のストーリーを閲覧したのかわかる機能があります。

今回は、誰が閲覧したのかを見る方法を紹介します。

 

ただし、この機能はストーリーが表示されている24時間のみ可能で、ストーリーが消えてしまうと見ることができなくなるので注意が必要です。

それではさっそく紹介したいと思います。

 

ストーリーで足跡を見る方法

まずは自分のストーリーを開くことが必要です。自分のストーリーを開くには2つの方法があります。

 

1つ目は、自分のプロフィールを開き、自分のアイコンをタップしましょう。タップするとストーリーを開くことができます。

 


2つ目はタイムライン(TL)上のフォローしているユーザーたちのストーリーを見ることができる場所から自分のストーリーを開くことができます。

どちらかの方法で自分のストーリーを開くことができたら、左下の青枠の中にあるアイコンをタップしましょう。

 

タップすると、以下のように自分のストーリーを閲覧した人が表示されます。これがいわゆる足跡ということです。

 


非公開アカウントに設定している場合は、自分が許可したユーザーしか見ることができませ。

 

公開アカウントの場合だれでも閲覧することが可能なので、どんな人が自分のストーリーを見ているのか足跡チェックしてみると良いと思います。

以上がストーリーで足跡を見る方法でした。

 

DM(ダイレクトメッセージ)で足跡?を確認する方法

DMでは足跡というより、既読を確認することができます。

既読を付けたか確認したいユーザーとのDMを開きましょう。

 

 

開くことができたら、そのユーザーとのメッセージが表示されますが、一番したのメッセージ(最新のメッセージ)を見ましょう。

そのメッセージの下に小さく既読と付いていたら、そのユーザーは自分のメッセージを見たということになります。

 


以上がDMで足跡(既読)を確認する方法でした。

 

まとめ

足跡を確認する方法はバッチリでしょうか。

公開アカウントの場合、自分のストーリーを見ることができるのは誰でも可能です。

フォロー、フォロワーでもない人が頻繁に自分のストーリーを見に来ていたりなど確認することもできますし、怪しい場合はその対応もできると思います。

 

危険を未然に防ぐためにもこの機能はしっかりと理解しておきましょう。

また、ハイライトでのストーリーは足跡を確認することができないので注意が必要です。

 

おすすめの記事