Instagramでビジネスプロフィールを使用してDM(ダイレクトメッセージ)を解放している方も多いかと思います。
 
DMを解放することでユーザーからの問い合わせや依頼などを受けれます。返信をするさいに「クイック返信」という定型文を入力する機能があります。
 
「クイック返信」を使うことで詳細の案内や回答、長文などを簡単に素早くを入力することができます。
 
今回は「クイック返信」の仕方について説します。
 

クイック返信とは

 
クイック返信とは、事前に登録した文章を別のみじかい文字に簡略化できる機能のことです。
 
自動返信とはちがいクイック返信で入力した文章を修正することができます。
 

どんなときにクイック返信が使えるか

 
よくある質問への回答やあいさつ、お礼の文章といった定型化しやすい文章や商品紹介などの長文などを入力するさいに事前に登録していればショートカットができます。
 
スマホで入力するのに10〜30秒かかるような文章でもクイック返信を使うことで数秒で文章を入力できます。
 

クイック返信の登録の仕方

 

まず設定画面を開きます。
 

その後、ビジネス設定の「クイック返信」をタップします。
 

その次に右上をタップします。
 

「ショートカット」に簡略化した文字を、「メッセージ」にDMで使用したい文章を入力します。
 

登録しただけこのように「ショートカット」と「メッセージ」がそれぞれ表示されます。
 

DMでのクイック返信の入力のしかた

 
じっさいにDMでの登録した文章の入力の仕方について説明します。
 

一覧から探す方法


キーボードをタップして、「メッセージを送…」の一番左にある部分をタップします。
 

先ほど登録し「ショートカット」と「メッセージ」が表示されるので入力したい文章をタップします。
 

すると、このように入力した「メッセージ」をキーボードに表示させることができます。
 

「ショートカット」を入力する方法

 
こちらは入力した文章を「ショートカット」を入力して表示する方法です。
 

登録した「ショートカット」をキーボードに入力し、青くなっている部分をタップします。
 

すると、このように「メッセージ」を全文表示させることができます。
 

まとめ

 
今回は「クイック返信」の仕方について紹介しました。
 
DMで問い合わせがきたときや営業時間や店舗の場所、なんども入力している文章がある場合はぜひ「クイック返信」の機能を使ってみてください。

おすすめの記事