2018年8月にInstagramで平均利用時間がわかる新機能「アクティビティ」が追加されました。

この機能は過去一週間の、一つのデバイスでInstagramのアプリを利用した一日あたりの平均利用時間がわかり、時間を管理することができる機能です。

毎日のリマインダーを設定することで、Instagramの利用時間が指定した時間に達したら、リマインダーが送信されたり、お知らせ設定をするとInstagramから受け取る通知を、ミュートすることができます。

今回は、リマインダー設定とお知らせ設定について詳しく書いていきます。

はじめに

まずは、アクティビティ画面のページを開く必要があります。
マイページから設定を開きましょう。

 


どちらもアクティビティをタップするとアクティビティ画面が開きます。

 

ここで、Instagramの一つのデバイスでの平均利用時間及び、過去一週間の利用時間を知ることができます。

リマインダー設定の方法

この画面から、設定することができます。

毎日のリマインダーを設定をタップしましょう。

 


 
リマインダーを設定をタップすると、利用時間の指定ができるようになっています。

5分から可能で最大23時間55分の間で設定することができ、5分刻みになっています。ここで、設定した時間に達すると通知が届くようになります。

 

お知らせ設定方法

こちらもこの画面から設定することが可能です。

お知らせ設定をタップしましょう。

 

 
タップすると、お知らせ設定の画面が開くので、プッシュ通知をミュートすることができます。

まとめ

以上が、アクティビティについてでした。

アクティビティである、Instagramの利用時間は前向きなものであり、利用ユーザーがどのくらいInstagramを使用しているかというものなので長時間Instagramを利用してるからといって依存症の危険に繋がるとは言い切れません。

 

しかし、日本人の平均スマホ利用時間は2~3時間なのでInstagramの使用時間が2~3の場合はスマホの使いすぎの注意が必要です。

Instagramのアクティビティを有効に活用して楽しいインスタライフを送りましょう。

おすすめの記事