インスタグラムの通報のやり方と通報したらどうなる?

インスタグラムを使っていて、

 

『この人、迷惑、なんでこんなことするの?』

『この人、悪口言い過ぎ、この人なりすまし?』

投稿やストーリー、コメントを見ていて、そんな人に遭遇した経験ありませんか?

今回は人を不快にさせたり、迷惑を行なっている人に使える通報の仕方やどんなときに通報できるかなど、通報について詳しく説明します。

 

通報ってなに?

ここでいう、インスタグラムの通報とは、迷惑行為など行うユーザーを運営に報告することです。

迷惑行為の種類3つ

 

商業的なコメントスパム

最近では、有名人の投稿のコメント欄で、唐突にダイエットを勧めるスパムが流行っています。

「モデルが使ってみた」という文脈担っていますがこういうのは関係ありません。

全部スパムだと思ってよいでしょう。

 

有名人のなりすまし行為

最近では有名人のなりすましが非常に増えています。

さらには、もっと多いのが一般人レベルでもなりすましにされることが多々あります。

「人気を落としたい」「世間に注目されたい」などの理由からなりすましが起きていると推測されます。

 

代表的な迷惑行為

・暴力的、裸体など不適切な画像が並べられているもの。

・名誉棄損、ストーキング、いじめに関するもの。

・Instagram関係者と装う行為。

・迷惑メールや営業メールなど。

この辺りは非常にめんどくさいと思う方や不快な思いをされる方が多いです。

こういったものは確実に迷惑行為と言えますので安心して通報しても構いません。

 

通報したら相手にバレるの?

バレません。

通報されたユーザーは、誰が通報したかを知ることができません。

なのでもし通報したいユーザーがもしいれば通報しましょう。周りの人を守ることにもつながります。

 

通報されたらどうなるの?

インスタグラムで他のユーザーがあなたを通報された場合は、インスタグラム運営からチェックを受けます。

 

まちがいの通報やイヤガラセで通報をされる可能性がありますので、通報されたからといってすぐにアカウントが削除されるといったことはありません。

通報の仕方

今からは簡単にどうやって通報するか説明していきます。

まずは、通報したいユーザーのページに行きます。その後右上の「…」をタップします。

 

このように表示されるので赤枠の「報告する」をタップしましょう。

そうすれば「スパムである」と「不適切である」の2種類出てきます。「スパムである」をタップすると、その瞬間通報されます。

このような画面になります。もう一方の、「不適切である」をタップしましょう。

タップするとさらに通報の種類がさらに細かくなり、2種類表示され上をタップすると

上記のような画面になり、右上の完了と、真ん中にブロックが表示され、完了をタップすると通報が完了になります。

ブロックするかどうかは各自の判断です。以上が、上をタップした場合です。
次に下をタップした場合です。

写真、動画、コメントの報告」の投稿に関わる通報か「アカウントを報告」のアカウント、ユーザーに対する通報の2種類が出てきます。

写真、動画、コメントの報告」をタップするとヘルプセンターに繋がります。

アカウントを報告」などに対する通報をタップしましょう。

 


タップするとこのようにより細かい分類になります。ここで、自分が思う理由をタップして表示される画面で完了すると、通報が完了します。

「ご報告ありがとうございました」という画面が表示されれば、通報は完了です。お疲れ様でした。

通報するときの注意点

注意点としては、通報が間単にできるため、遊び半分で通報するのはやめましょう。

それこそ、相手に迷惑です。

また、そういった行為をすると自分が通報されるので絶対にやめましょう。

 

また、「嫌いだから」とか「気に入らないから」という理由での通報もやめましょう。

なぜならそれは運営側への迷惑行為と認識されてしまうからです。

そういった場合、あなた自身が迷惑ユーザーと認識されてしまっても仕方ありません。

まとめ

以上が通報のやり方でした。インスタグラムを楽しく使うためには迷惑ユーザーがいない方がいいですよね。

通報の方法を覚えておくことは、迷惑なユーザーに遭遇したときに必要な最低限の対処方法です。しっかりと覚えておきましょう。

一人一人がルールやマナーを守ってインスタグラムを利用しましょう。

おすすめの記事