【知って損なし】Instagramの特徴を理解しよう

Instagramだけでなく、FacebookやTwitterなど、SNSは様々あります。
どれもSNSで同じですが、それぞれ特徴があり全部違うわけです。
それぞれの特徴を活かして、利用する必要があり、Twitterと同じようにInstagramを利用してはいけないということです。
Instagramの特徴を理解することは、Instagramを楽しむためはもちろん。「いいね!」や「フォロワー」を増やすことに繋がります。
そのため、Instagramを利用する前にインスタグラムの特徴を理解しておきましょう。

Instagramの特徴

国内で2900万人が利用する

まずはじめに、Instagramの利用者は国内で2900万人を超えました。日本では、20代を中心とする若者に人気があります。

写真がほぼすべて

インスタグラムでは写真がほぼすべてです。人よりコンテンツに重きをおいてあるのが特徴です。
FacebookやTwitterと比べてリツイートなどのシェアボタンがないので、拡散性が極めて低いです。
そのため、ハッシュタグが重要になります。他のSNSと比べてInstagramではハッシュタグを複数付けています。ハッシュタグを検索することができるので、ハッシュタグをつけて投稿することが大切になります。
拡散性は低いですが、Instagramは他のSNSと比べると、個人個人の繋がりがとても強いです。投稿の閲覧率も基本的にはフォロワーがほとんどですが、「いいね!」を基本的には押します。

非言語コミュニケーション

Instagramは、他のSNSと比べると、文字などの文章ではなく、写真や動画による非言語コミュニケーションとビジュアルコミュニケーションです。
そのため、画像に対する感性が全てです。Instagramでは投稿する写真や動画はインスタ映えという言葉が生まれたように、一つの芸術のようなものです。
写真で伝わるものがあるため、ハッシュタグを使えば、外国の人にも伝えることができます。

インフルエンサーの誕生

インフルエンサーと呼ばれるフォロワーが最低1万人以上の影響力のあるユーザーが誕生しました。
インフルエンサーは企業と協力して商品をPRしたりして報酬をもらっています。

まとめ

以上が特徴でした。Instagramは他のSNSとは全く異なります。
Instagramは拡散性がとても低いですが、コミュニケーションがとても親密です。
また、投稿する写真や動画が「芸術」であるので、人の感性が大切になります。
Instagramの特徴を抑えて、Instagramを楽しみましょう。

おすすめの記事